STAFF VOICE

スタッフの声


実際にグループホームで働いているスタッフの声を聞いてみよう

JYOSHIN NO MORI'S STAFF

きっかけは父の介護。

介護職/女性50代

前職は葬祭会社の事務職です。現在の仕事についたきっかけは、私の父が認知症と診断され、今後面倒を見るためにどんな介護をしていけば良いのかと考えた時に介護を職として身に付けようと思ったからです。
 

-Q1- 現在の仕事のやりがいや醍醐味を教えてください。

一生懸命に仕事をしていても空回りしていることがありますが、次第にそれが利用者の方にも伝わり、笑顔を見せてくれたり、「ありがとう」とお礼を言っていただき、この仕事を頑張って良かったなあと感じています。
 

-Q2- 仕事の中で嬉しかったことや楽しかったことなど、具体的なエピソードはありますか?

イベントで私が仮装をし、利用者の前へ出て踊りをしたりした時、とても喜んでいただき、楽しんでいる笑顔が見れて良かったです。私自身もすごく楽しめました。
 

-Q3- これから福祉の仕事をはじめる方達に一言お願いします。

誰にでも出来て、誰にも出来ない仕事だと思います。人に対しての思いやりや優しさ、そして笑顔をいつでも作ることが出来れば、この仕事はあなたの天職だと思います。
 



NPO団体の講座で介護の世界へ

介護職/女性60代

元はOLとして事務職が主でしたが、自治体の広報誌で「ヘルパー2級講座」の記事を読み介護の世界に興味を持ちました。その講座の主催がNPO団体で、そちらでヘルパーとして働き始めました。
 

-Q1- 現在の仕事のやりがいや醍醐味を教えてください。

利用者さんと気持ちが通じあった時、共感しあえた時は「この仕事をやっていてよかった」としみじみと思います。その人の良い面、元々持っていた能力などが引き出せた時は本当に嬉しいです。それこそが認知症の進行に歯止めをかけることになると考えています。
 

-Q2- 仕事の中で嬉しかったことや楽しかったことなど、具体的なエピソードはありますか?

以前、ゴミを捨てに行くときに利用者の方が自発的に「重いから持ってやるわ」と手伝ってくださったこと。また居室で掃除機をかけていた時に、その部屋の利用者の方が「自分の部屋くらい自分で掃除するわ」と申し出てくれたこと。このように認知症だとしても、その方の元々持つ思いやりに触れた時に大変感動しました。
 

-Q3- これから福祉の仕事をはじめる方達に一言お願いします。

「介護とは何か」「何を目的に介護をするのか」を念頭に置いて介護をはじめると、それにより介護の質もかなり変わってくると思います。「介護の歴史」「介護保険」「グループホームとは」など介護の全体像に触れるのも、ご自分の介護の方向性を定めるのに役立つかと思います。